はじめよう。美しいあの場所へ、迷子にならぬ様、ワタシへの道標となる様に。

瞳に映る生命の息吹、耳から観える生命の動き、感じる景色。繋がる精神の緒。

脈脈と繋がるこれまでこれからのど真ん中。感じるままに三輪福綴りに記して行こう。


2017年10月21日土曜日

ポレポレ坐 





かわせみ座主宰の人形師、山本由也さんによる
人形展が東中野のポレポレcafeにて今年4年目となる開催となりました。

テーマは
「月」を軸に、舞台が直前に決まり
ご一緒した、HIBIKI KANNA さんのアトリエ近くの
ススキを連れ出すことにしました。
その花言葉も力添えいただくように。

植物を持ち出して踊るようになったのは、今から10年くらい前。
もちろん飾りとしての役割ではなく、ちゃんと身体の一部というか。


ポレポレ坐での舞台では、いつも人形たちが人形師の由也さんが
手にして動かすと、あっと言うまに入魂されるような出で立ちになり
一緒に踊っていると、呼吸の音が聞こえそうなほど。



普段、一人で踊ることが多い中、とても貴重な時間。

今回、Hibikiさんの作られた楽器、ゆう琴と水晶の響きが
とても透明感が増しているように感じられて、さらにさらに、
さりげなくささやかにボウルにタッチしての演奏となっていきそうな予感がしました。

由也さんはじめ、スタッフの皆様、Hibikiさん、asakoさん、舞台を見届けてくださった
みなさんに、感謝が余韻となって響いてきた帰り道となりました。

2017年10月17日火曜日

お彼岸ライブは奥能登 乗光寺さん

9月22日は奥能登に在る乗光寺さんにて
migram(Aki-RA Sunrise・Hiroyuki Matsuhisa)×三輪福の共演となりました。

「水」や「太陽」「星」などの自然界の流れゆく世界を音楽に乗せて
その流れにたゆたう様に舞でご一緒させていただきました。




Aki-Raさんのオリジナル楽器でもある
波動太鼓(Hadouram)など多種多様な民族楽器を体の一部の様に
踊るように奏でていただき、またHiroyuki Matsuhisaさんのサトヴィックヴィーナの
歌うような旋律。

舞台となっている乗光寺さんの寛大な器に乗って
また、
お彼岸と言う、何か境界がなくなる様ななんだかとても懐しいような
温かな場で、音に舞が呼び合うように時が進んで行ったような記憶があります。

今年は、奥能登では国際芸術祭が初めて開催されていて、
街中が忙しい中、時間を見つけていらしていただけた事、またサポートくださった
方々にも心より感謝いたします。

オーガナイズしていただいた、乗光寺さんの見守り力にも感動した夜なのでした。

泊まれるお寺 乗光寺



2017年10月9日月曜日

奥能登国際芸術祭2017






芸術祭の始まりの9月3日早朝、三﨑地区の粟津海岸に表現されている
小山真徳さんの作品「最涯の漂着神」前にて、舞のご依頼をいただいた。

2週間ほど前に、作家の小山さんとご対面すると、小山さんから
「あれ?どこかでお会いしていますよね!?」と思わぬ声がかけられた。
、、、、。
記憶が呼び戻されて、「あの時間」を思い出した。
2年前に、群馬県の中之条ビエンナーレで、私は作家の三宅光春さんの作品に
参加となっていて、ある集落で数日過ごしていた。
その時に、小山さんが同じ集落で作品を展示されていたのだ。

今回の最大の驚きは、小山さんが奥能登で展開された作品の場所が
当初、予定していた場所から変更になったと言う、粟津海岸。
その作品の行く先には、昔海から流れたて来たと言う木造觀音像。
集落の方の夢枕に立ったその観音像が、海に流れついたことを知らせ、
海へ行くと、その観音像が本当に流されていて、またその観音像までの道は
そこだけが浅瀬で無理なく引き上げられたそう。

その観音さまが祀られているお堂に、今年初旬になんとなくふらりと
メディスンドラムを持っていき、一人で奉納打ちをしていたのだ。
まさか、今回のご縁に結びつくとは思いも寄らず。

また、この粟津海岸は、私のご先祖様に御縁深い場所で、私自身もこの
海岸に、赤ちゃんの頃に海水浴に来ていた。

様々な、無駄のない計らいにも思えるこの運びに、もう飛び乗って行くしかないと
言う想いで、初日を迎えた。

静かに、そっとそのセレモニーが開かれると思っていたら、
当日は、まだ夜明け前にも関わらず、たくさんの人が。

お知らせも、2日前ほどにようやくできたみたいで、朝も早いし誰もいなくても
始めましょうねとスタッフと息合わせ。

三﨑地区の区長さん、集落の方々が、当日には、想いを寄せてくださり
松明を灯したり、また集落の太鼓をたたいてくださったりと、
垣根を超えて、全てが溶け合って一つになるような
感覚がありました。

無心で舞ったと思う。

全てが手に取るようにつながり、その繋がり方や、温度や色、リズム、
距離などなどがピタリとどこかでわかるようであり、
それら、全てを手放し、ただ呼吸だけが在るといったそんな感触を
行き来していたような。

舞の終盤、「ここでおしまいだ」と思い、作品から抜け出たら
ご来光が見事に上がっていた後に、ポツ、ポツ、ザアーっと一瞬の雨。
まるで、作品の中に置かれている人魚の涙の様にも思えた。

雨が上がると、また再び快晴となり、
芸術祭りが本当に始まって行きました。

あの海岸で、集まってくださった方々と共に迎えたご来光は
信じられないほどに見事で、温かかった。
集落のおじいさんたちも、その後、海岸へ毎日出ては
「ずっとここに住んでいるけど、あんな太陽見たことがない、本当に
綺麗やったなあ」と口々に語られていると
後で知りました。


作品が出来上がるまで、たくさんの方々がサポートされていた姿や、
見えないところで様々な働きかけをしてくださっている事、
たくさんの感謝が溢れた、ありがたい始まりの朝となりました。


その後、、、
作品の中に置かれてる、人魚さんには
日々、なぜかお賽銭が置かれ始めていて、
また、集落の祭りでは、「ごしょうたい」と言う
儀式も特例で行われました。





その後、集落の方々や、作家の小山さんから
クロージングに再び、舞のご依頼をいただきながら
未だに返事がしっかり出来ていない。

ありがたい気持ちがいっぱいです。


奥能登国際芸術祭は
10月22日まで開催しています。
能登の魅力が増しています



2017/9/3
三﨑地区
粟津海岸
三輪福×小山真徳
「漂着神/祝祭/音連れ/彼方」
ダイジェスト映像


2017年8月16日水曜日

縄文真脇 縄文建屋完成セレモニー

8月5日はいよいよ、縄文真脇に本格的な縄文建屋が完成し、
建屋内に起こした火を入れる事に。

聖なる火。

昨年、基礎となる大地に穴を掘る事に少し関わらせていただいた。
大地と精神(空)が心地よく通って行く様に思えた。


監修は雨宮大工さん。
同時に指揮を取るのは、縄文真脇の館長でもある高田さん。

手がけるのは、奥能登で元気いっぱいに活動される60代〜80代の方々。
また、不定期にもワークショップを開催して、千葉や東京、岐阜、名古屋、京都などなど
から熱心な参加者の方もいらして、あまり情報が発信されていない中、嗅覚が素晴らしく
真脇まで参加されている様子に驚いた。

作業は、すべて石斧など、縄文時代に使っていたのでは?と思われる道具を作って
それらで、大きな栗の木も伐採していて、そこに流れる時間が現代の時間速度に
なれていると、じれったいと思えたりもするのかもしれないけれど、
ひとつの事に丁寧に、見守りながら皆で取り組む時間にしか生まれない
あの時間は買えない。

完成した、建屋は、本当に美しく、そして機能性も抜群に優れていて
もしかしたら最先端の建屋なのでは?と思う程。

聖なる火を入れて、建屋内を燻していく。
建屋そのものもいい環境に益々なって、虫も入らなくて暮らしには最高の環境。

そう、セレモニーでは、真脇の集落に住む小学生達の太鼓ではじまり
雨宮大工さんのなんと、一人芝居!
衣装は、熊と鹿の革で出来た衣装(自作)がなんともおしゃれ。
50分もの時間をひとりで演じられ、叫ぶ声は周りの山達も応える様に
耳を澄ませているみたいだった。

最後は、三輪福となり、出番直前まで何を舞うかなどは一切考えられず、
ただただ、一歩でるのみだったのでした。

思いがけず、建屋とは反対の真向かいにある丘へ上がって行く自身に導かれ
その丘に立った時、ようやく何を舞うかが聞こえて来た。

ぐるりとまわると、大地にそびえ立つ建屋の存在や、深い深い大地の感覚、
これまで潜めていたやさしい生命達の感覚、見守る空、ひとりひとりの中に
存在するオリジナルと共有性。
一度に「時間」が消えて行くあの感覚。

おかげさまいっぱいに無事、セレモニーが開かれ
なんと、この日は、建屋にて一夜を火を見守り過ごす、貴重な経験も
させていただいた。


不思議と木の程よい丸太で作られた椅子(ベット)に横たわると
背骨や仙骨、筋肉などを心地よくストレッチしてくれて
意外とよく眠れたのでした。

よく朝、身体がとても楽なのにも驚いた。

起きると、既に起きている皆と火を囲み
何をと言うでもない、会話を交わし今を味わった。


また、この縄文建屋での何か働きかけをしていけたらと思っています。










2017年8月1日火曜日

夏の巡業

毎年7月24日には、天橋立へ奉納舞台と、海上絵巻舞台の出演に向けて
気合いが入る。

地上ではない、波に揺られるダイナミックな筏舞台と言うのもあって。

今年で7年目の出演が決まり、天橋立へ向かいました。
控え室へ到着した途端に、雷鳴がはじまり、どしゃぶりの雨がやって来た。
大勢のスタッフさんも、メンバーもいつもと少し違うリズムながら
心ひとつになって、祭りが遂行されて行きました。

文殊菩薩御開帳となる、智恩寺本堂では、雨の中、大勢の人が見守る中、
奉納へ入らせていただきました。

その後の海上舞台は、引き上げながらも、雨降りしきる中、まだまだ大勢の方々が
見守られており、これまでにない、海への見えない現れを皆で目撃しているっと言った様ななんとも神聖で貴重な時間となりました。

祭りの最後は、山門前にて龍舞が無事舞い遂げられ、「まるで龍と水遊びをしたみたいな
童心に帰らせていただきました」とお声いただいたり、思いがけず喜びの祭りとなりました。

翌朝は、早朝より各方面へ巡り、沢山の出逢いをいただき、
最後は、真名井神社さんへご挨拶して
大阪〜岐阜へ。
真名井神社さんでは、偶然かサイマサウンドのエンジニアさんもいらして
大雨の中、再会を祝しておりました。

旅の最後は、横浜はセンター北駅すぐにある、とてもすてきなナチュラルハーモニーさんへ。

7月29日にスワラジ工房のウエダタカユキさんとの舞台「精霊ノ夜」を迎えました。
この舞台を迎えるにあたって、スタッフさん、スワラジさんとまるで三つ巴の様な働きで
刺激をいただきながらのこれまでがありました。
ヘンプフェア期間と言う事もあり、衣装もそれに合わせてスワラジさんが
施して下さいました。


会場はレストランcoaさん。
想像を超えた、食事の美味しさに感激!
また、今回の様な舞台形式ははじめての試みとの事で、なんとも光栄な機会をいただきました。

舞台では、テーマとして
ヘンプと言う植物の神聖さは古代からどの様にして、寄り添って来たのか。
神聖だとは言うけれど、はたしてそれはどうしてそう言われ続けて来たのか。
と言う、「起源」について触れて行く事からはじまりました。

いろいろとセッションして行く中、「芸能」と言う所にもやはり触れて行く流れとなりました。

そこで、宿神でもある「翁」が登場となります。
この翁について、あらためて見つめる良い機会となりました。
老いと若さが表裏一体となっている「間」に立ち現れる、神秘な存在。
面や、扇の原型でもあるクバが、必然の様に手元にあったのも
必然を感じずにはいられなかったり。


一部と二部でひとつの舞台となる意識でお届けさせていただきました。
今と古代が触れ合う、そんな時空。
タイムマシンの様に。

スワラジさんの、今回の演奏では、貴重なオリエンタルな楽器より
本当に、風の様に寄り添う様な音を届けていただきました。
踊り子をしていると、この様な音に出逢える事は、本当に救いであり
踊り子冥利に尽きるのです。

全く以て、即興舞台となりましたが、スタッフさんのお守りの様な
まなざしから、会場へいらしてくださった皆様の感覚より
無事に遂げられて、感謝いっぱいの精霊ノ夜となりました。


また、いつかどこかで精霊ノ夜に出逢えたら嬉しいです。


夏の最後の舞台は、奥能登は縄文真脇遺跡にて
縄文建屋完成披露式で「アメツチ」を舞います。
詳しくは、縄文真脇をご覧いただけたらと思います。














2017年6月4日日曜日

7月 8月の予定

●7月24日
京都府宮津市
天橋立 智恩寺奉納舞 18時〜
海上舞台「久世戸縁起」20時〜

●7月26日
大阪府箕面市
パーソナルサイマウェーブ

●7月27日
岐阜県大垣市
パーソナルサイマウェーブ
(満席)

●7月29日
神奈川県
センター北駅
ナチュラルハーモニー企画
ヘンプフェア
19時〜
(満席)


●8月5日
→変更となりました
縄文真脇遺跡にて
縄文建屋完成披露式
雨宮大工一人芝居
三輪福(友情出演)
午前中、小屋作りワークショップ
13時30分〜雨宮大工一人芝居
三輪福 舞
http://www.mawakiiseki.jp/news.html

●8月10日
パーソナルサイマウェーブ
(満席)






詳しくはスケジュールにて

2017年6月1日木曜日

地球の音 私の音

闇夜に雷が轟々と響き始める。
真っ暗な海に稲妻が天からピカリと落ちた。
まるで、日の出がやって来たかの様な明るさだ。
漆黒の闇にはその光の姿が丸裸で映し出される。
その様子に、波の音、風の音、雷の音と、そして空間から響きが
押し寄せてくる感覚。
余興なんてものはなく、いつだって本番だ。
祭り以前の姿そのものを見ている様な。

空が唸っている。
生命の声。
地球の声とも、わたしの声とも思える。

この一瞬の永遠に込められた音は
消える事なく、、、、消えて行くのだ。

この一瞬を忘れても、きっと肌が忘れない
この剥き出しの生命の声。